二高の特色・学科|理数科

FEATURES

bn_ssh2

理数科

理数科について

  理数科は、本校開校から7年後の昭和44年度に開設されました。県下の高校の理数科の中で最も歴史があり、卒業生の活躍は各分野多方面に渡ります。最近では、1985年卒・淨住大慈さん(大阪大学特任助教)の研究論文が世界で最も権威ある学術誌・米国サイエンス誌の紙面トップを飾りました。また、現在は卒業生3人が本校の教員として教壇に立っています。

 SSH事業は文部科学省が始めた翌年度に指定を受け、今年度19年目となりました。理数科発足から44年、約半分の年数をSSH校として指定され、先進的な理数教育が実施されています。

 理数科名物行事の一つ、野外調査研修 『江津湖の水環境と生物』 は、本校からも近く、生徒も身近に親しんでいる江津湖を7つの調査地点に分け、水生動植物の同定や科学的な水質調査を行っています。平成6年から続けており、長年の功績が評価され表彰も受けています。

 また、理数科生の科学系部活動での活躍も目覚ましく、課題研究との両立を果たし、様々なコンテストや学会発表で研究成果を発信し、数々の賞もいただいています。

 施設としては特別教室棟屋上に天球ドームを保持しています。熊本県の高校で天球ドームがあるのは本校だけではないでしょうか。また、高度な分析機器(分光光度計)や真空グローブボックス、インキュベーターやオートクレーブなど大型高度機器をはじめとした様々な機器があり、大学並みの研究をすることも可能です。 

 

カリキュラム

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定による本校理数科の独自カリキュラムが設定されています。                    

                                                                     
1年 国語(4) 公民(2) 保健体育(3) 芸術(2) コミュ英(3) 科学英語(2) 科学家庭(2) 科学情報(2) 理数数学(6) 理数物理(2) 理数生物(2) SS(2) HR(1)  
 
                                                                     
                                                                     
2年 国語(4) 地理歴史(4) 保健体育(3) コミュ英(3) 英語表現(2) 理数数学(4) 理数数学特論(2) 理数物理(2) 理数生物(2) 理数化学(4) SS(2) HR(1)  
 
                                                                     
                                                                     
3年 国語(4) 地理歴史(4) 保健体育(3) コミュ英(3) 英語表現(2) 理数数学(4) 理数数学特論(2) 理数物理       理数生物選択(5) 理数化学(4) SS(1) HR(1)  
 
                                                                     

   上記紫部分が独自カリキュラム   

 

理数科独自のカリキュラム

SS(スーパーサイエンス)でGlobal Scientistめざす!

3年間の探究活動を通して培われた科学的な創造力・独創力・探究心は、あなたの将来の夢や希望を実現する大きな力となります。

年次  スーパーサイエンス[科学探究]

  物理・化学・生物・地学・数学の各分野から、科学的な創造力・独創力・探究心を培い、「仮説→観察・実験→結果・考察→まとめ(レポート作成)」といった課題研究を行う基礎を身に付けることで、科学者(Scientist)への第一歩を踏み出す授業。

<令和3年度 実施予定内容>                            

4~7月   [生物学・地学探究] 江津湖の水環境と生物

~10月  [化学探究] 二高ロウソクの科学

10~11月[物理学] 電子回路 電子ブロックを用いて

12~1月  [数学探究] 統計学

2~3月    2年次課題研究に向けた事前調査

年次  スーパーサイエンス課題研究]

 自ら課題を発見し、1年間試行錯誤を繰り返しながら研究を進め、科学者としての成長を促す授業。また、学会やコンテストで発信することで研究の深化を図る。

<令和2年度 研究テーマ一覧>

 令和2年度は11班でグループ研究を行った。そのうちの3班(◆)が大学・企業と、1班(◇)は本校2名ALTの指導助言を受け協力を仰いだ。

 物理班   途上国のための水の殺菌装置の開発~太陽光による煮沸殺菌~

2 物理班  けん玉の研究

 化学班◆ オオスカシバCephonodes hylas(Lepidoptera:Sphingidae)の産卵選好性について

 化学班◆ 水素は地球を救う!~土壌からの水素発生~

5 化学班  半透膜を用いた逆浸透と浸透圧について

6 物理班  反発係数の環境温度依存性 ~エネルギーを与えることで跳ね返りをコントロールできるのか~

7 生物班  カルス生成の最適条件について

8 生物班◆  婚姻色を示すコイ目魚類の色認識と学習に関する考察

9 物理班  光を通す穴の周期

10 生物班  プラナリアの再生について

11 生物班◇ お茶の抗菌効果について

※ 8生物班 「婚姻色を示すコイ目魚類の色認識と学習に関する考察」 は、2020年度マリンチャレンジプログラムに採択されました。九州沖縄・地区大会で全国大会への出場権を獲得し、各地区大会から選ばれた15校と全国大会で最終成果を発表しました。また、熊本県公立高等学校理数科研究発表会でも最優秀賞を受賞し、第23回中国・四国・九州地区理数科高等学校課題研究発表大会(令和3年8月)へ出場、令和3年度SSH生徒研究発表会へも出場を予定しています。詳細は、SSHニュースをご覧ください。

 実験の様子

 リモートでの地区大会

 熊本県公立高等学校理数科研究発表会でも最優秀賞を受賞

年次  スーパーサイエンス[英語によるポスタープレゼンテーション]

 2年次に研究した課題研究内容を英語でポスターにまとめ、外国人理系留学生を招へいし、ALL Englishによるポスタープレゼンテーションを行い、Global Scientistをめざす授業。

その他、多彩なカリキュラムで科学知識の活用能力を育成します!

教科横断型授業

 学校設定科目「科学家庭」「科学英語」「科学情報」により、総合性の高い科学的リテラシ―(科学知識の活用能力)を身に付けます。

科学家庭 : 身の回りの生活に科学的アプローチを用いて取り組み、科学や生物との教科横断型・融合型で家庭科教育を実施することにより、総合的な思考力を育成する。

科学英語 : 科学分野の英語の重要性を認識し、自然科学分野における基本的な語彙やプレゼンテーションに必要な表現を習得し、コュニケーション能力を高め国際社会で活躍できる基礎力を身に付ける。

科学情報 : 情報社会に対応し、情報機器を活用して画像処理等の基礎から応用までを学ぶ。

 

 

 

* 平成30年度3月31日までの記事は第二高校アーカイブサイト(旧HP)の「理数科ブログ 」に掲載しています。一番下の「過去の記事」からもリンクできます。




mark@2x logo

〒862-0901 熊本県熊本市東区東町3-13-1
TEL:096-368-4125 FAX:096-365-5636

banner_bshs_f
banner_rindoukai_f
banner_jst_f

〒862-0901 熊本県熊本市東区東町3-13-1 TEL:096-368-4125 FAX:096-365-5636