SSH NEWS

Chromebookのある思考する授業 1年美術探究

2021年06月10日


HOME  >  二高SSHニュース

2021年06月10日

Chromebookのある思考する授業 1年美術探究

6月7日月曜日からは、本校の「相互研鑽授業月間」です。職員同士が、事前のアポイントなしでも、短時間でも、校内すべての授業を参観できるという取組です。他の職員の授業を参観して「授業のヒント」を見つけ、各自が授業改善に活かしています。また、授業を通じた職員の交流も生まれています。授業について振り返り、考える「先生の探究活動」に取り組んでいます。

本日1時間目は、1年美術科の「美術探究」の時間を参観してきました。

そこでの「授業のヒント」を御紹介します。

生徒が課題に取り組んでいる過程を、先生がChromebookで記録している様子です。生徒それぞれ自分で課題提出を行いますが、先生は進捗状況を把握しています。また、この写真では、黒板に実物投影機の画像が投影されています。

この使い方をすると、上の写真のようにチョークで書き込みができます。この画像の場合、コントラストがくっきりととても見やすい画像でした。

授業は進んで次の場面。

生徒が実物投影機を使ってスクリーンに投影し、発表をします。この場面では、見やすいようにスクリーンが準備されています。

見やすさを考えた使い分けで、「見たくなる」「考えたくなる」につながる工夫だと感じました。発表は、生徒の口頭発表のキーワードを、先生が黒板に記録してまとめられています。耳で聞くだけの情報でなく、文字情報も大切にする、理解が深まる工夫がありました。

二高キャリア・パスポート

【「学び方を学ぶ」ための前提となる考え方】を含む3本柱で構…

三観点評価とICT活用検討を考える職員研修

本校卒業生に「ICT×教育×大学×社会とのつながりーあらゆ…

くまもと地域復興論

7月21日 「新阿蘇大橋」「阿蘇火山博物館」での学び

教育研究助成金交付式

日本教育公務員弘済会 熊本支部から教育研究助成をいただきま…

Chromebookのある思考する授業「アートライター」

美術科2,000字のエッセイに挑戦

Chromebookのある思考する授業 ホームプロジェクト「1年家庭基礎」

ホームプロジェクトのテーマ決定につながるアイデアを、Jam…

STEAMプログラム★ビジネスプラン

マーケティング力は仮説力

STEAMプログラム★解剖学講座

今年は「立つ」+「座る」がテーマです

mark@2x logo

〒862-0901 熊本県熊本市東区東町3-13-1
TEL:096-368-4125 FAX:096-365-5636

banner_bshs_f
banner_rindoukai_f
banner_jst_f
kkbrn_banner_f

〒862-0901 熊本県熊本市東区東町3-13-1 TEL:096-368-4125 FAX:096-365-5636