SSH NEWS

相手にわかってもらうための書く技術

2021年01月18日


HOME  >  二高SSHニュース

2021年01月18日

相手にわかってもらうための書く技術

科学家庭では、「説得性の高い小論文やレポートの書き方」を身に付けることを目的として「パラグラフライティング講演会」を行いました。講師は日本福祉大学客員教授の野田直人様で、オンラインの御講演でした。

国際標準の文章構造は、文化や言語が異なる人たちが、相互に誤解なく理解しあうために発達した文章作法です。

講演会の題にも含まれる「パラグラフ」は、一つの考えのまとまりを示す概念で、論理構造を示すための単位です。日本語の「段落」とは、性質が少し違う部分があります。一つのパラグラフでは、一つの主張・アイデアだけを示します。生徒達は、ディベートに取り組む機会もありますが、その場面でとても必要になる考え方です。写真のスライドにもありますが、読者責任といえる作文と大きく違い、書き手責任という視点をもつことが必要です。

家庭科では、ホームプロジェクトなどをはじめとして文章を記述し、思考を深める場面が多々あります。今回の講演を基に、パラグラフの書き方を練習し、続いて自分のホームプロジェクトを800字にまとめるワークに取り掛かります。難しい練習ではありますが、練習場面を複数作ってスキルを磨いていきたいと思います。

令和2年度 「SSH研究成果発表会」 ステージ発表者紹介

3月3日(水)熊本城ホールで開催です。

課題研究発表会

理数科2年生が課題研究の発表を行いました。

相手にわかってもらうための書く技術

パラグラフ・ライティング講演会を実施しました。

【3月3日熊本城ホールにて開催予定】 SSH研究成果発表会のご案内

ご案内です。こちらから申込書のダウンロードができます。

1年生GR / ASミニテーマ研究

学年代表者発表会と振り返りを実施しました。

ASⅡ「テーマ研究」クラス発表会

美術科は1分プレゼンで全員発表しました。

GR・ASⅡテーマ研究「オール・イングリッシュゼミ」発表会報告

2年生希望者は英語の探究ポスターを制作しました

2年生テーマ研究 「クラス発表会その1」

ID(インストラクショナルデザイン)「ガニェの9教授事象」…

mark@2x logo

〒862-0901 熊本県熊本市東区東町3-13-1
TEL:096-368-4125 FAX:096-365-5636

banner_bshs_f
banner_rindoukai_f
banner_jst_f
kkbrn_banner_f

〒862-0901 熊本県熊本市東区東町3-13-1 TEL:096-368-4125 FAX:096-365-5636