二高の特色・学科|ニュース

SPECIALITY & COURSES NEWS

bn_ssh2

2022年06月21日

SSH

1年生「論理コミュニケーション」の取組

 令和4年3月、文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の新規採択の通知があり、本校はSSHⅤ期指定の採択をいただきました。

 Ⅴ期の、新たな取り組みの一つとして1年生全クラスを対象に「論理コミュニケーション」を実施しています。この通称「論コミ」は探究活動の軸となる「論述の構造」を学ぶプログラムです。これは慶應義塾大学SFCキャンパスの理念に基づいて設立された、一般財団法人SFCフォーラム作成のシラバスに基づき、オンラインを活用した講演や論述指導、検定など全16回、1年間にわたり取り組みます。この取り組みを通して、第二高校の探究活動がさらに充実することはもちろん、今後の生徒たちのキャリアの核となることを考えています。

 5月17日の力試し作文に始まり、5月30日はオンラインでオリエンテーションとなる講演会がありました。講演いただいたのは、梅嶋 真樹先生(慶應義塾大学 グローバルリサーチインスティチュート大学院・政策メディア研究科 特任准教授マレーシア工科大学(MUST)客員教授IEC国際電気通信会議システム委員会委員)、オンラインでしたが、生徒をどんどん指名して、和気藹々とした講座をつくっていただきました。そして、世界で活躍される方のメッセージは生徒たちに大きな刺激を与えてくれました。梅嶋先生の講演を聞き、相手とフェアな関係をつくり、自分の考えを効果的に伝えるための技術として、論理的なものの考え方、表現があると学びました。

 6月7日は、対面での講演。一般財団法人SFCフォーラム論理コミュニケーション教育部門 研究員 井上孝志先生の講演では、自分の意見を示すために根拠を説明することの重要性と、講義だけでなく生徒たちとの対話から答えを引き出されていました。

 今後、カリキュラムに基づいて論述の練習や検定等を実施します。

今年も「科学の甲子園」に出場してきました!

​​​​​​​11月13日、科学の甲子園熊本県出場校選考会…

普通科美術Ⅰ「日本画」

小さな美術館が完成しました

1年生★静物デッサン

テーマを決めてモチーフを設置しました。

2年生★粘土による立体造形

素材を制御する力

熊本地震の経験からの学びをさらに深めました

「先進建設・防災・減災技術フェア」に第二高校理数科・美術科…

アイデアマスクの制作(その2)

フルフェイスバージョンをお届け

アイデアマスクの制作

グランメッセ熊本で行われる防災減災フェアに出展します

第二高校文化祭ステージ装飾

今年も制作しました

mark@2x logo

〒862-0901 熊本県熊本市東区東町3-13-1
TEL:096-368-4125 FAX:096-365-5636

banner_bshs_f
banner_rindoukai_f
banner_jst_f

〒862-0901 熊本県熊本市東区東町3-13-1 TEL:096-368-4125 FAX:096-365-5636